印刷会社が制作する高品質な電子書籍 博文社 電子書籍事業部

03-3295-2211 営業時間:9:30~18:30(土日祝除く)

無料お見積・お問い合わせ

電子カタログについて電子カタログとPDFの違い

トップページ > 電子カタログについて > 電子カタログとPDFの違い

電子カタログとPDFの違い

① 表現力の違い

PDFは文字と静止画を主としており、表現の幅が狭く、アピールしたい内容が伝わりにくい傾向にあります。
電子カタログは紙の書籍をぺらぺらとめくるような感覚や、動画の埋め込みといったPDFにはないリッチコンテンツによるユーザビリティに考慮したツールとなります。

PDFをサイト内で掲載した場合と、同内容の冊子を電子カタログで掲載した場合とでは、電子カタログのほうが約4倍以上多く閲覧されている調査結果が確認されています。

また、PDFは全てのコンテンツを読み込んだ後に表示されるダウンロード形式に対して、電子カタログはデータを受信しながら同時に再生を行うストリーミング形式である為、表示速度が圧倒的に早くユーザーのストレスを軽減させます。
データ容量が重い場合は、特に表示時間に差が生まれます。

報告書や資料といった文字主体の冊子であればPDFで十分ですが、パンフレットやカタログといった、ユーザーに見せることを重要視した冊子については電子カタログが最適と言えます。

ログ解析

弊社の電子カタログはGoogle Analyticsのログ収集機能と連携したログ解析機能がついています。
ただ漠然と見られた事を収集するだけでなく「どのページ」が「何倍まで」拡大されたかまで、色ごとにわかりやすく表示しますので、Webマーケティングでの活用はもとより、印刷物自体のデザインやレイアウトの改善・変更に活かすことができます。

ログ解析の画像

③オフライン本棚機能

専用アプリをダウンロードすれば、自分のお気に入りの書籍をMy本棚にて一括管理する事が可能です。

オフライン本棚機能の画像

電子カタログとPDFの比較

電子カタログ PDF
表示速度
ログ解析
操作性 ×
プラグイン 不要 必要
動画 ×
本棚機能 ×
価格 有料 無料

電子カタログについてのお問い合わせはこちらから

PAGE TOP